相手に喜ばれ尊敬される褒め方のコツとは?メンタリストの技を知ろう

メンタリズム

皆さんは、他人を褒めたり、評価したりするのって得意ですか?

自分の部下を評価するときや、気になる異性と話をするときなど、

ありきたりなコメントしかできず、

「もっと気の利いたことが言えれば・・・」

と歯がゆい思いをした経験はないでしょうか。

 

実は、あるテクニックを覚え、使いこなすことで、

ありきたりでないコメントができるだけでなく、

「この人は私のことをわかってくれている」
「私のことをしっかり見てくれている」

という印象を与え、一目置かれる存在になることができます。

というのも、このテクニックは、

占い師などが相手の信頼を得るためによく使うテクニックなのです。

また、TVなどでメンタリストが

「心を読む」パフォーマンスをする際にも使っていることがあります。

 

今回は、「相手に喜ばれ尊敬される褒め方のコツとは?」ということで、

相手に一目置かれる褒め方のコツを紹介してみようと思います。

相手に喜ばれ尊敬される褒め方のコツとは?メンタリストの技を知ろう

相手を褒めるとき、皆さんはどういうところを褒めていますか?

多くの人は、わかりやすい長所や、自分が好印象を持った部分を褒めると思います。

しかしその場合、他の人と同じ「ありきたり」な内容になってしまい、

相手に

「この人は自分をしっかり見てくれていない」

と思わせてしまう可能性があります。

 

では、ありきたりな内容にならず相手に好印象を与える褒め方にするには、

どうすればよいのでしょうか。

相手の自覚していない長所を褒める

相手に、「この人は自分をしっかり見てくれている」と思ってもらうには、

「相手の自覚していない長所」を褒めることが効果的です。

なぜなら、

人間は、自分の気づいていなかった一面に気づかせてくれた人(新しい自分に気づかせてくれた人)に対して、

好感をもち一目おくようになる傾向があるからです。

ジョハリの窓とは?効果的な自己分析手法とその活用方法を解説!
ジョハリの窓とは、自分自身のことを4つの窓に分類して理解し、コミュニケーションを円滑にするための手法のことです。 具体的には、開放の窓、秘密の窓、盲点の窓、未知の窓に分類することで、自己理解を深めたり自己開示を推進したりするキッカケに使います

相手の2面性を指摘する

とはいえ、「相手の自覚していない長所」を褒める、

というのは簡単なことではありません。

そういうときは、

「相手の2面性」を指摘してみる、という方法があります。

2面性というのは、簡単に言うと、

  • 内向的 と 外交的
  • 慎重 と 大胆

などのような、反対の関係にある性質のことです。

2面性を指摘することで、

多くの人に当てはまりやすい褒め言葉を作り出すことができるのです。

メンタリストや占い師が行っている
心を読むパフォーマンス(リーディング)も
このテクニックを応用したものです。
占いは誰にでも当てはまるってホント?バーナム効果について知ろう!
みなさんは「占い」を信じていますか? テレビや、雑誌などに掲載されていると、つい気になって見てしまう人も多いのではないでしょうか。「バーナム効果」とは、簡単に言うと、「誰にでも当てはまる事を言われても、自分の事を言い当てられたように感じる」という心理効果のことです。

たとえば、「フットワークが軽い」というのが長所な人を褒めるときは、

「君は、とてもフットワークが軽くて、なんでも挑戦しようとする人だけど、
 実は、用心深くて冷静な一面もあるよね」

などのように言ってみると良いでしょう。

普段「本当は冷静に考えた結果動いているのにフットワークの軽さばかり評価される」
と思っている人であれば、

「しっかり見てくれている」「褒めてほしいところを褒めてもらえた」

という印象を与えることができますし、

本人が「フットワークの軽さだけが取り柄だと思っていた」
と思っていたのであれば、

「できていないつもりだったけど、実はイケてる?」「新しい自分を発見できた」

という印象を与えることができるので、

どちらにせよ好印象を与えることができます。

2面性を指摘する際のポイント

2面性を指摘するときのポイントは、

「2面性の両方」を指摘するということ。

「フットワークの軽さだけが取り柄だと思っていた」

という人に対して、急に

「用心深くて冷静な一面もある」

といったところで、

「そうかなぁ?」
「自分には当てはまらない気がする」

という印象を与えてしまいます。

2面性を指摘するときは、
その両方を指摘する、ということを気をつけましょう。

まとめ

今回は、「相手に喜ばれ尊敬される褒め方のコツとは?」ということで、

相手に一目置かれる褒め方のコツを紹介してみました。

 

ポイントとしては、

  • 相手が自覚していない長所を褒める
  • 相手の二面性を指摘して褒める

ということです。

 

相手が自覚していない長所を褒めるというのは、なかなか難しいものがありますが、

相手の二面性を指摘して褒めるというのは、

相手の長所や短所を見つけ、それを反対にして付け加えるだけで良いので、

練習すれば簡単に使うことができるようになります。

 

このテクニックを使いこなせば、

部下などに一目置かれるようになるほか、

気になる異性から好印象をGETすることもできるかもしれません。

ぜひ、練習して、日々の生活に活かして見てください。

タイトルとURLをコピーしました