敵意帰属バイアスとは?「悪意がある」と感じてしまう理由を知ろう

不安・ストレス対策

電車の中でふらついたときや、街を歩いている際に、周りの人にぶつかってしまうことがありますが、

そんなときに、「なにすんだよ」とキレられたり、「チッ」と舌打ちをされた経験はないでしょうか。

ただ単に難癖をつけているだけの人もいますが、
人によっては本当に「わざとやられた」と思っている人もいるのです。

今回は

「偶然のできごとに悪意を感じてしまうのはなぜなのか」

ということについて紹介して見ようと思います。

敵意帰属バイアスとは?「悪意がある」と感じてしまう理由を知ろう

敵意帰属バイアスとは、相手にされた行為を、「悪意」や「敵意」があると考えてしまう心理傾向のことです。

電車が揺れたのが原因でふらついてぶつかっただけなのに、
「わざとぶつかってきた」

と思ってしまったり、

ただ質問をしただけなのに、
「嫌味を言われた」「自分のことを否定された」

などと考えてしまったりします。

極端な言い方をすると、被害妄想のことですね。

敵意帰属バイアスが強いのはどういう人?

敵意帰属バイアスが強いのは、どういう人なのでしょうか。

社会心理学者のクリックとドッジの研究によると、

攻撃性の高い子供ほど、敵意帰属バイアス傾向が強く、
成長し、年齢を重ねるにつれて敵意帰属バイアス傾向が弱まって行く

ということが言われています。

敵意帰属バイアスの原因は?

敵意帰属バイアスの原因は、簡単に言えば認知の歪みです。

私達が、周りの行動に反応をする際は、

  • 何をされた?
  • 何故された?

などを考え、推測して行動を決定していますが、この

何故された?という相手の意図を推測する段階で誤りがあると、

敵意帰属バイアスが出やすくなります。

実際、明らかに偶然(うっかり)の場合や、明らかに故意(わざと)の場合はよりも、

偶然とも故意とも考えられる状況、つまり「相手の意図が推測し辛い状況」のほうが、

「相手はわざとやった」と考えることがが多いことがわかっています。

敵意帰属バイアスの対処法とは?

敵意帰属バイアスに対処し、上手に付き合って行くにはどうすればよいのでしょうか。

子供の敵意帰属バイアスをなくすためには?

上でも紹介した通り、

攻撃性の高い子供ほど、敵意帰属バイアス傾向が強く、
成長し、年齢を重ねるにつれて敵意帰属バイアス傾向が弱まって行く

という傾向があるため、いろいろな経験をしていくうちに自然に減少していくものです。

もちろん、日頃から子供と対話し、
「○○くんはワザとやったんじゃないんだから、怒らないであげてね」
などのように、「わざとではない」ということを説明して、
納得させることで、矯正していくことも可能です。

自分の敵意帰属バイアスとの付き合い方

もし「すぐにイラッとしてしまう」、「悪意があると思いやすい」という自覚があるならば、

まずは「ひと呼吸おく」ということを心がけて見ましょう。

なにかあったときに、常にひと呼吸おいて
「わざとじゃなくて偶然かもしれない」ということを考えるようにするだけで、
怒りに身を任せて行動してしまい、後悔することは減らせるはずです。

まとめ

今回は、「敵意帰属バイアスとは?「悪意がある」と感じてしまう理由を知ろう

ということで、「敵意帰属バイアス」いわゆる「被害妄想」について紹介してみました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました