成功しないほうが得をする!?日本人に多い成功回避傾向とは?

心理学

皆さんは、試験の点数が良かったときや、就職の内定が決まったとき、昇格したとき、
「うまく行った!」「合格した!」「内定もらえた!」など、心から喜べていますか?

人よっては、今後のことを考えたり、自分の周りの人のことを考えて、
「うまくいかないほうが良かった・・・」と思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

今回は、「成功しないほうが得をする!?日本人に多い成功回避傾向とは?」ということで、

成功回避とはなにかなぜ成功を回避するのかについて紹介してみようと思います。

成功しないほうが得をする!?日本人に多い成功回避傾向とは?

世の中には、「成功しないほうが得をする」という考え方を持っている人が少なからずいます。

人に褒められたり、注目されることが好きな人がいるように、
人に褒められたり、注目されることを好まない人がいるのも事実です。

 

このような傾向を、心理学では成功回避と呼びます。

では、そのような傾向がある人は何故、
「成功しないほうが得をする」という考え方をしているのでしょうか。

欠点があったほうが好感度が上がる

成功回避の理由として、まずあげられるのが「欠点があったほうが好感度が上がる」ということです。

能力が優れている人よりも、欠点がある人のほうが
可愛がられたり、周りにかまってもらえたりすることがある。

ということを経験的に知っている為、
成功することを避け能力を低く見せようとすることがあります。

例としては、
ペットボトルの蓋があけられない、ということを男性にアピールして
「非力な女性」「かよわい」という印象を与える
というのが挙げられます。

成功すると妬みの対象になる

成功回避の理由として、あわせてあげられるのが「成功すると妬まれる」ということです。

成功することで、それを快く思わない人から妬まれたり、足を引っ張られるかもしれない

ということを警戒してしまうため、
成功することを避けたり、成功していることを隠す、ということがあります。

試験の成績が良かったのに
それをクラスメイトにいわなかったり嘘の点数を伝えたりする、というのは、
成功回避の1つの例といえるのではないでしょうか。

成功すると自由が失われることがある

あまりピンとこないかもしれませんが、「成功すると自由が失われる」というのも、成功回避の理由になります。

仕事ができる、有能だ、ということが周りに思われると
余計な仕事が降ってきて自分の時間が失われるため、
自分の能力を低く見せる、という人は意外といるのではないでしょうか。

また、最近だとYoutuberが顕著ですが、
成功して著名になった結果自由に外を出歩くことができなくなったり
その人気を保つために、これまで以上に時間を費やす羽目になったりする、
ということもあります。

まとめ

今回は、「成功しないほうが得をする!?日本人に多い成功回避傾向とは?」ということで、

成功回避とはなにかなぜ成功を回避するのかについて紹介してみました。

 

成功回避傾向がある人は、集団生活の能力が高い、と言われているので、
悪いことではありませんが、
必要以上に成功回避してしまい、自分の能力を発揮できていない、ということもあります。

日本人は特に、成功回避傾向が強い、と言われているので、
自分はどういう傾向があるのか、自分の成功回避を阻害している要因はなんなのか、
改めて考えてみるのもよいのではないでしょうか。

成功回避のまとめ!

学校で成績が良かったり、会社で地位が高かったり、
仕事や趣味の技術、能力が優れていたりするにもかかわらず、
その事実を隠し、自分を低く見せようとするというのが、成功回避の特徴。その目的は、自分の印象を高める為や、自分を守る為、など様々な理由がある。
タイトルとURLをコピーしました