ブランド品を買ってしまう心理とは?消費の心理学ヴェブレン効果を紹介

ビジネス心理学

世の中には、ブランド品と呼ばれる商品が存在しますが、
なかでも高級ブランド品と呼ばれるようなものは、ちょっとやそっとじゃ手が届かないもの。

しかしながら、そのような高級ブランド品を好んで購入する人は案外いるのもです。

今回は、なぜ高級ブランド品が売れるのか、ということについて心理学の視点からみてみましょう。

ブランド品を買ってしまう心理とは?消費の心理学ヴェブレン効果を紹介

一般的に商品の需要は、値段が低いほど高く値段が高くなるにつれて低くなっていくものです。

これは、普通に買い物をするときの感覚とあっていますよね。
多くの場合、値段が安ければ、買ってもいいかなという気持ちになりますが、
値段が高ければ、買わなくていいかなという気持ちになるものです。

ところが、高級ブランド品など に関しては、値段が高いほど需要が高まる傾向があります

これは、一体どういうことなのでしょうか。

ヴェブレン効果とは?

このような現象は、ヴェブレン効果という心理効果によるものです。

ヴェブレン効果とは、簡単に言ってしまえば、
価格が高いほど、その商品を所有する欲求が高まるという心理効果です。

では、その所有欲求の根幹にあるものは何なのでしょうか。

高級ブランド品を買うのは自己顕示欲のため?

ヴェブレン効果の根幹にある欲求。それは、自己顕示欲です。
つまりは、見せびらかして、優越感に浸りたい、という欲求です。

価格が高いということは、多くの人は購入や所有ができません。
そんな中で、自分は購入できる、所有しているというのは、確かに優越感に浸れることかもしれませんね。

 

自分がブランド品を買うのは自己顕示欲のためではない!という人もいるでしょう。

もちろん、高級ブランド品は、それ自体にも十分価値があるもの。
使っている素材の質であったり、商品へのこだわりは、他とは一線を画しているのも事実です。

質の良いものを求めた結果、高級ブランド品にたどり着いている人も多いハズ。

ただ、注意していないと、
質が良いから高いものを購入していたはずが、
高いものは質が良いという思考パターンに陥り、そんな買い物をしてしまう、
ということがあるので気をつけましょう。

ヴェブレン効果の由来

ちなみに、人に見せびらかす為、自己顕示欲を満たすための消費のことを顕示的消費といいます。

ヴェブレン効果という名前は、アメリカの経済学者であるヴェブレンが著書の中で、
有閑階級の人々が行っていた顕示的消費について言及していたことが由来です。

有閑階級とは?
有閑階級とは、資金力に余裕があるため労働をしておらず、
その暇な時間(閑暇)を娯楽に使っているような人々のこと。※ちなみに、この言葉自体もヴェブレンが提唱したもの。

まとめ

今回は、「ブランド品を買ってしまう心理とは?消費の心理学ヴェブレン効果を紹介」ということで、
ヴェブレン効果について紹介してみました。

高級品に限らず、消費が多い、無駄遣いをしてしまう、という人は、
自分がなんのためにものを買っているのか、改めて考えて見ると良いでしょう。

また、ものを売る側の立場の人は、ヴェブレン効果を参考に、
買い手の購買意欲をそそる値段の付け方というのを考えてみるとよいでしょう。

是非、うまくいかしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました