コミュニケーションの基本!目を見て話すことが大切な理由とは?

ビジネス心理学

「目を見て話しなさい」
子供の頃に、そう注意された経験があるひとも多いはず。

接客、コミュニケーションにおいて、「目を見て話す」という行為は重要視され、
指導するポイントとしてよく挙げられるものです。

では、「目を見て話す」という行為が大切な理由とは一体何なのでしょうか。

今回は、「目を見て話す」と言うことが大切な理由、を見ていきたいと思います。

コミュニケーションの基本!目を見て話すことが大切な理由とは?

経験として知っている人もいると思いますが、
「目を見て話しているかどうか」で、相手に与える印象が大きく変わります。

例えば、コンビニなどで買い物をする際、
店員の方が下を向いたまま、一切目を合わせることなくレジ打ちをしていたら、どんな印象を受けるでしょうか。

ほとんどの場合、
「やるきないのかな」「感じ悪いな・・・」
などとあまり良くない印象を受けるのではないでしょうか。

「目を見て話す」ということを推奨されているのは、
そのような、悪印象を与えることを避けるためという側面が多くあります。

ですが、「目を見て話す」という行為には、
「悪印象を与えない」ということ以外にも、メリットが存在しています

知性が高い人はアイコンタクトの回数が多い

知性が高い人、ざっくりいってしまえば、頭がいい人は、アイコンタクトの使い方に特徴があります。

それは、「回数」「長さ」

一般に「知性が高い」といわれている人は、そうでない人と比べて
アイコンタクトの回数が多く、目があっている時間も長い、ということがわかっています。

さらに、多くの人は経験から、
「目線をしっかり合わせて話をする人は有能な人が多い」ということを知っているので、
目線を合わて会話をするだけで、「知性が高くて有能な人」という印象を与えることができます。

知性が高い人、有能な人ほどアイコンタクトの時間が長いだけでなく、
アイコンタクトの時間が長い人に対して、「知的で有能である」という印象を受けやすい

 

アイコンタクトをするだけで好感度が上がる

実は、アイコンタクトをするだけで、好感度を高めることができます。

ある心理学者は、
「男女にペアを組ませ、2分間アイコンタクトを取り続けてもらう」という実験を行いました。

すると、実験のために「言われてやっている」のにもかかわらず、
ペアに対する好感度、愛情度が高まった、という結果が得られています。

指示されて意識的に目線を合わせ続けるだけでも、好印象を獲得できる。

まとめ

今回は、「コミュニケーションの基本!目を見て話すことが大切な理由とは?」ということで、

目を見て話さないことによって与える印象と、
目を見て話すことによって与えられる好印象について、紹介して見ました。

スティーブ・ジョブスなどのプレゼンなどもそうですが、
常に観客や取材陣の方に目線を向けスライドにはほとんど目線を向けない状態がほとんどです。

喋り方も持ちろんですが、視線の使い方を工夫するだけで、
圧倒的な自信や余裕、知的さ、有能さなどを感じさせることができます。

これまでアイコンタクトを蔑ろにしてきた人はもちろん、
今まで意識してきた人も、改めて、
「視線の使い方」を意識してコミュニケーションをとるようにしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました