吊り橋効果の意味とは?恋愛に応用する方法を心理学的に解説

恋愛心理学

皆さんは、吊り橋効果という言葉を知っていますか?

恋愛に関するテクニックなどで良く知られている吊り橋効果ですが、
よく知られているからこそ、「吊り橋効果は本当に使えるの?」と思う人もいるでしょうし、
「試してみたけどうまくいかなかった」という人もいるかと思います。

結論から言うと、吊り橋効果は実在します。

この記事では、「吊り橋効果の意味とは?恋愛に応用する方法を心理学的に解説」というテーマで、

  • 吊り橋効果とはどんな効果なのか
  • 吊り橋効果は本当に使えるのか

などについて紹介してみたいと思います。

記事を読み終えた頃には、
吊り橋効果恋愛などの人間関係に活かす方法がわかるようになるはずです。

吊り橋効果の意味とは?恋愛に応用する方法を心理学的に解説

吊り橋効果とは、いったいどういう効果のことを言うのでしょうか。

多くの人にとって吊り橋効果とは、
吊り橋を始めとして、心霊スポットジェットコースターなど、
恐怖を感じる環境を共にすると恋に落ちてしまうというイメージではないでしょうか。

実際、ダットンとアロンが行った、吊り橋効果に関する有名な実験においても、
恐怖を感じる環境かどうかで、感情や行動に変化があった、という結果が出ています。

ダットンとアロンの実験では、
男性に吊り橋を渡らせて、その後、橋の向こうで会った女性に対する反応を観察しました。

低所にある、ほとんど恐怖を感じない橋を渡った男性と、
高所にある、恐怖を感じる橋を渡った男性では、

高所にある橋を渡った男性の方が、
女性に対する反応が好意的で、積極的になる、という結果が得られました。

ですが、吊り橋効果恐怖だけに関係する心理効果ではありません。

実は、みなさんが思っているよりずっと簡単に使えるものなのです。

これは、吊り橋効果が何故起こるのかについて考えてみるとわかります。

吊り橋効果ってなんで起こるの?

それでは、吊り橋効果はなぜ起こるのでしょうか。

結論から言うと、吊り橋効果とは
「橋の高さ」などが原因で起こった「アドレナリンの放出」「心臓のドキドキ」
その相手の魅力によるものだと勘違いすることが原因です。

このように、ある事柄が原因で起こった変化などを、
別の事柄が原因であると勘違いすることを、錯誤帰属と呼びます。

そのため、「心臓のドキドキ」を引き起こすことができれば、その原因が恐怖である必要はありません

つまり、ドキドキ・ハラハラする映画をみに行ったり、
好きなアーティストのライブを一緒に見に行ったりするだけでも良いわけです。

極端に言ってしまえば、運動をして心拍数が上がっているだけでも構いません。

自分がやりやすい方法で、相手をドキドキさせてみてください。

吊り橋効果の注意点

吊り橋効果を使う上で、1つ注意があります。

先程、吊り橋効果とは
ドキドキの原因を相手の魅力によるものだと勘違いすることで起こる
と言いました。

これはつまり、
勘違いが起こらなければ吊り橋効果はおこらない
ということを意味しています。

もっと具体的に言えば、
「自分の心臓がドキドキしているのは、この人が魅力的だからだ!」
と思わせる程度の魅力が必要が必要だ、ということになります。

・・・すなわち、
恋愛でこの効果が使えるのは美女(もしくはイケメン)に限る、ということですね・・・

もちろん、服装や、メイク、仕草などで印象を向上させ、
自分を魅力的に演出することができれば、吊り橋効果を引き出すことはできるでしょう。

まとめ

今回は、「吊り橋効果ってどういう意味?恋愛に応用する方法を心理学的に解説」ということで、
吊り橋効果の仕組みについて紹介してみました。

吊り橋効果とは
心臓のドキドキを、一緒にいる相手の魅力が原因だと勘違いすることで、
恋愛感情などが生まれやすくなる心理効果

注意点としては、
吊り橋効果は、恐怖などが原因でおこったドキドキや興奮を、恋愛感情と勘違いしたものなので、
ドキドキや興奮がさめると恋愛感情もさめてしまいやすい、という特徴があります。

なので、この感情はずっと続くものではない、ということを知っておきましょう。

ただ、この心理効果を理解し、恋愛感情の起爆剤として利用して、
本当の恋愛感情に結びつけることができれば、
意中の相手をオトすのにつかえるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました