第一印象が大事な理由とは?印象を左右する初頭効果について知ろう

心理学

記憶に残す、印象に残すための心理効果として、「ウィンザー効果」を紹介しましたが、

今回も、物事の印象に関する心理効果「初頭効果」を紹介したいと思います。

 

第一印象が大事な理由とは?印象を左右する初頭効果について知ろう

初頭効果とは、最初の印象が一番記憶に残りやすく、影響を与えやすい、というものです。

初対面の際に、

清潔な格好で、綺麗な言葉遣いの人は、後にだらしないところを見られても、「かわいいところ」などと甘く見られ、

逆にだらしない格好で、言葉遣いの悪い人は、後にしっかりしたところを見ても、「こういうときだけ」「カッコつけている」

などと評価されてしまうのは想像できると思います。

 

人間関係などの場合だと、「第一印象」に当たるもので、経験的にもわかりやすいですが、

話す言葉についても、この効果は発揮されます。

 

「彼は嫉妬深い。だが、優しい人だ。」

「彼は優しい。だが、嫉妬深い人だ。」

先に嫉妬深いといってしまうと、優しさよりも嫉妬深さが印象に残り

逆に、先に優しいというと、嫉妬深さよりも優しさが印象に残りやすくなります。

とはいえ、この例だとあまり差を感じない人もいるでしょう。

 

 

初頭効果に関する実験

実際に心理学者のソロモン・アッシュがおこなった実験では、

ある人の性格について述べた、以下の形容詞のリストを使いました。

「知的、勤勉、衝動的、批判的、頑固、嫉妬深い」

「嫉妬深い、頑固、批判的、衝動的、勤勉、知的」

ただ単語を並び替えただけですが、実験の結果は、

知的であることを先に述べたリストを見た人のほとんどが好印象を感じ、

嫉妬深いことを先に述べたリストを見た人のほとんどが悪印象を感じました。

 

仕事の面接や履歴書、会社の人間関係、合コンなど、

自分のことをアピールする場はいろいろあると思いますが、

どういう状況であっても、文章の組み立てに気をつけないと、

意図したものと違う印象を与えてしまいかねません。

 

初頭効果は、自分の判断力観察力に自信がある人に起こりやすいとされています。

自分が最初に感じた感覚が正しいと信じているからですね。

なので、特に面接官を相手にするときは気をつけた方がよいでしょう。

 

さて、ここまで「最初(第一印象)が大事だ」という話をしてきたのですが、

心理学には逆に「最後に触れた物事が印象に残る」という「親近効果」というものがあります。

両方でてくると、もうどっちに注意すればいいのかわからなくなりそうですね。

 

しかしながら、言われてみると経験的にも納得がいくような内容です。

そちらについても近いうちに紹介したいと思います!

タイトルとURLをコピーしました