ネガティブな気持ちに打ち勝つには「無理やり笑う」ことが大事だった!

不安・ストレス対策

皆さんは、普段、ポジティブに生活できていますか?

特にこの時期は、受験シーズンでもあり、心理的ストレスをかかえやすく、
ネガティブな気持ちになりやすい時期かもしれません。

今回は、そんな「ネガティブな気持ちに打ち勝つ方法」について紹介してみます。

ネガティブな気持ちに打ち勝つには「無理やり笑う」ことが大事だった!

「ネガティブな気持ち」や「ストレス」は、考えないようにしても、なかなか追い出すことができませんよね。
では、そんな気持ちに打ち勝つにはどうすれば良いのでしょうか。

目を閉じてリラックスしても意味がない!?

こころを落ち着ける方法でポピュラーなものというと、
「目を閉じてリラックスする」ではないでしょうか。

もちろん、勉強などで疲れてきたときは、目を閉じることに意味があるかもしれませんが、
「ネガティブな気持ち」や「ストレス」を減らすことに効果はありません。

心理学者が行った実験では、

学生をグループに分け、次の行動を取ってもらいました。
・ 何もせず、リラックスする
・ 講義の音声テープを聞く
・ お笑いの音声テープを聞く

その結果、ストレスを軽減する効果がみられたのは、
「お笑いの音声テープ」を聞いたグループのみでした。

これは、知っている人も多いかもしれませんが、
「笑う」という行為によってストレスが軽減されているのためです。

つまり、「ネガティブな気持ち」や「ストレス」を軽減するためには、
「笑う」べき、ということですね。

「無理やり笑う」ことでストレスが軽減される

「笑う」といっても、そんなに面白いこと、楽しいことなんてない、
と思う人もいるかもしれません。

特に受験勉強などにおいては、娯楽にかける時間がもったいない、という人もおおいでしょう。

そんな方に朗報です。
実は、娯楽などで、自然に笑う必要はないのです。

ある心理学者の実験では、

21歳から43歳までの成人を集め、
一分間「無理やり」笑ってもらいました。

その結果、皆が「良い気分になった」 と回答していました。

つまり、たった1分間「無理やり笑う」ことによって、
「ポジティブな気持ち」になることができた、ということです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は、「ネガティブな気持ちに打ち勝つ方法」ということで、
「ネガティブな気持ち」や「ストレス」を軽減し、
「ポジティブな気持ちになる方法について紹介してみました。

ネガティブな気持ちのままでは、勉強も仕事も身に入らなくなります。
気分が落ち込んだときは、「ものは試し」と思って、是非やってみてください。

タイトルとURLをコピーしました