告白する時のセリフは何が良い?相手の心に届く理想的なセリフとは?

恋愛心理学

告白は、恋愛においても一大イベント。

自分の気持ちをどう伝えるか、どういう言葉を選べばいいか、悩む人もおおいですよね。

今回は、「告白する時のセリフは何が良い?相手の心に届く理想的なセリフとは?」ということで、

「NGな告白セリフ」と「理想的な告白セリフ」は一体なんなのか、紹介してみたいと思います。

 

先人に学べ!NGな告白セリフとは?

まず、NGな告白セリフはどういうものなのでしょうか。

告白をするうえでは、「好きだ」という気持ちを伝えることは大事ですが、

それを意識するばかりにやってしまいがちなNGパターンがあります。

 

プレッシャーや強引さを感じさせる告白はNG

告白をする際に、意外とやってしまいがちなのが、このタイプ。

例えば、「君じゃないと駄目なんだ」、「一生のお願いだから」など。

告白している本人は、自分の強い気持ちを言葉に乗せて伝えているだけで、

プレッシャーを与えるようなつもりはないことが殆どですが、

告白される側にとってみると、強要されるような強引さを感じることもあります。

心理学的には、強要されてしまうと「心理的リアクタンス」が働き、反抗心が生まれるので、

強引な言葉で告白するのは、NGな方法といえるでしょう。

心理的リアクタンスとは

人間は自分の行動を自分できめたい、と思っているため、
行動に制限を受けると、それに反抗したくなる気持ちのこと。

食べちゃいけない、と言われると食べたくなったり、
見ちゃいけない、と言われると見たくなったりする。

禁止されると欲しくなる?とある映画が証明したカリギュラ効果とは
カリギュラ効果とは、禁止されると、更に興味をひいてしまう、というものです。 むかしばなしの浦島太郎が「絶対に開けてはいけません」といわれた玉手箱を開けてしまったのもこの心理効果のせいかもしれません。 この効果が人間関係(特に恋愛)に作用する場合、「ロミオとジュリエット効果」 ともいわれます。

「好きです」のみの告白はNG

もう一つ、やってしまいがちな告白が、「好きです」という感情だけを伝える告白です。

感情だけを伝える告白だと、「結局どうしたいのか」が伝わらないため、

告白された側にとってみると、返事がしにくい、という理由が考えられます。

告白に関する論文でまとめられていたデータによると、
告白に失敗した人の内、約40%が
「好きです」
など気持ちだけを伝える告白をしていたそうです。

逆に、「付き合ってください」だけの告白もよくありません。

「付き合ってください」のような「どうしてほしいか」だけを伝える告白だと、

感情が伴わないため、唐突さや強引な印象を与えてしまいます。

 

理想的な告白のセリフとは?

では、告白の成功率が高くなる「理想的なセリフ」とは何なのでしょうか。

「好きです」だけでもだめ。「付き合ってください」だけでもだめ。

どうすればいいかと言うと、答えは単純ですね。

 

「好きです、付き合ってください」

シンプルなセリフですが、結局の所これがベスト。

もちろん、「自分の感情」を伝えた上で、「どうしてほしいのか」を伝えることができれば、

言葉自体は自分なりに選んでしまっても問題ありません。

告白に関する論文でまとめられていたデータによると、
告白に成功した人の内、40%以上が
「好きです、付き合ってください」など感情と行動を伝える告白をしていたそうです。

また、比較的シンプルなセリフのほうが、相手に与える印象もよい、ということがわかっています。

告白の方法を、
好感がもてる誠実さを感じる心を打たれる強引さを感じない
という観点で評価したところ、

シンプルに「感情」「どうしてほしいのか」を伝えた告白は、
すべての観点で、他の告白方法よりも高い評価になりました。

つまり、無理してかっこいいセリフを考えたり、策を弄したりするよりも、

シンプルかつストレートに、自分の「好き」「付き合いたい」という気持ちを伝えることが、

一番相手の心に届く、ということですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、「告白する時のセリフは何が良い?相手の心に届く理想的なセリフとは?」ということで、
「NGな告白セリフ」と「理想的な告白セリフ」について、紹介してみました。

もちろん、
「シンプルな」セリフを使ったことで必ず成功する、というわけではありませんが、
なにも知らずに告白をした場合よりは、確率をあげることができるでしょう。

なによりも、「相手がどう思うか」「どういう印象を与えるか」
というのを考えることで、相手に響く、相手に伝わる「告白」ができるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました