告白の成功率は出会ってからの期間で決まる!適切なタイミングとは?

恋愛心理学

皆さんは、好きな人ができたらすぐに告白しますか?

出会った瞬間に「この人だ!」と思って、

すぐに告白できてしまう人も中にはいるでしょうが、

多くの人は、「仲良くなってから」、「時間をかけてアプローチしていこう」などと思い、

告白までに時間を掛ける人も多くいるでしょう。

 

今回は、「告白の成功率は出会ってからの期間で決まる!適切なタイミングとは?」

というテーマで、

出会ってから告白までの時間と、告白の成功率の関係

について紹介してみたいと思います。

告白の成功率は出会ってからの期間で決まる!適切なタイミングとは?

結論から言うと、告白はするなら早めにした方が良いです。

日本の心理学者による調査によると、

告白は早めにしたほうが成功率が高く、

出会ってからの期間が経つと、成功率がおちてしまうという

ということがわかっています。

調査によると、

告白に成功した人のうち、

出会ってから3ヶ月以内に告白していたの人が約41%もいたのに対し、

出会ってから4〜6ヶ月以降に告白していた人は約9%

出会ってから7〜12ヶ月以降に告白していた人は約14%

出会ってから13ヶ月以降に告白していた人は約35%

という結果でした。

つまり、告白の成功率が一番高くなるのは、

出会ってから3ヶ月以内ということですね。

女性は出会った瞬間に恋愛対象を見極める

ではなぜ、3ヶ月を超えると告白成功率が下がってしまうのでしょうか。

実は女性は多くの場合、出会った瞬間に、相手が自分の恋愛対象になるか、ならないかを判断しています。

つまり、「この人はアリかも。」と思われていれば、そもそも成功する確率が高いわけなのですが、

その状態で男性からアプローチをしないままだと、

この男性は私には興味がないんだ」と判断され、恋愛対象からはずされてしまう、ということです。

 

友達関係を壊したくない

もう一つの理由として、「友達関係を壊したくない」、「いまのままの関係を保ちたい」とおもわせてしまうことが挙げられます。

出会ってからある程度期間が経ち、仲良くなってくると、

友達として付き合っていたほうが心地が良い」、「恋愛関係になって、今の身の回りの関係性が崩れるのが怖い

など、現状維持を望むようになってくるため、告白の成功率が低くなる、ということです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、「告白成功率を上げるには出会ってからの期間が重要!適切なタイミングとは?」ということで、

日本の心理学者の研究をもとに紹介してみました。

 

女性は、出会った瞬間に恋愛対象かどうかを判断するのに対し、

男性は、時間をかけて好きになって、恋愛対象として認識していく、ということが多くあります。

そのため、必然的に男性からのアプローチが遅くなり、告白の成功率を下げる要因につながっています。

ともかく、気になる相手がいるのであれば、「友達扱い」になる前に、早めにアプローチができるよう心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました