好きな人の前では瞳孔が大きくなる?脈アリかどうかを見極める心理学的テクニック

恋愛心理学

皆さんは、好きだと思っている相手が、自分のことをどう思っているか、気になりませんか?

相手が自分に気がある、「脈アリ」かどうかを確かめるにはどうすればよいのでしょうか。

実は、あるポイントを観察することで、見極めることが可能です。

今回はそんな、「相手の変化を観察して脈アリかどうかを見極める方法」について紹介してみようと思います。

好きな人の前では瞳孔が大きくなる?脈アリかどうかを見極める心理学的テクニック

好きな異性の前では、ある部分に変化が現れます。

それは「」。もっと具体的にいうと、「瞳孔」です。

瞳孔は本来、目に入る光の量を調節するための器官で、

明るい所に行くと、光の量を減らすため小さくなる
暗い所に行くと、光の量を増やすため大きく

という変化をするのですが、
実は心理的な刺激でも変化をすることが分かっています

好きな人の前では瞳孔が大きくなる

瞳孔は、どういう時にどのように変化するのでしょうか。

結論からいうと、瞳孔は

好きなものや興味があるものをみるときに大きくなる

ということがわかっています。

心理学者のヘスが行った実験では、
被験者に「風景の写真」と「異性のヌード」の写真を見せ、
それぞれのときの瞳孔の動きを観察したところ、
異性のヌード写真を見た場合のみ、
瞳孔が大きくなっていたことがわかりました。

 

瞳孔を観察すれば脈アリかわかる!

好きなものや興味を持っているものを見ると瞳孔が開くのであれば、

恋愛対象として見られていたり、興味を持たれていたりした場合も、

相手の瞳孔が大きくなる可能性は高い、ということです。

つまり、

相手が自分にたいして

・恋心を抱いているか

・興味を持っているか

を知るためには瞳孔を観察すればよい、ということです。

瞳孔の動きはごまかせない!?

恋心を悟られないために、いろいろと策を講じる人は多くいます。

しかしながら、瞳孔の動きは誤魔化すことができません

 

というのも、

興味や興奮によって瞳孔が大きくなる現象は瞳孔反射といい、

「熱いものから手を離す」

などの反射と同様に不随意に起こるもので、

コントロールすることができません

だからこそ、瞳孔を観察することに意味があるのです。

【注意】瞳孔を観察できないこともある

瞳孔を観察しようと思ってもできないことがあります。

それは、相手がカラーコンタクトをしている場合

色がついているだけで、瞳孔の動きを観察することが難しくなります。

 

また、瞳が大きいことで魅力的に見える、という効果もあるため、

瞳を大きく見せるようなカラーコンタクトを使用している人もいます。

 

カラーコンタクトをしているかどうかは、

近くで観察すれば、わかるようなものがほとんどです。

カラーコンタクトをしている、と気づいたときは、

瞳孔を観察するのは早々に諦めましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「好きな人の前では瞳孔が大きくなる?脈アリかどうかを見極める心理学的テクニック」

ということで瞳孔の変化について紹介して見ました。

 

観察には少し慣れが必要な上、ある程度近い距離でないとわかりにくいものです。

 

相手と仲良くなって、近い距離でコミュニケーションをとれるようになったら、

その先がアリかナシかを見極めるために使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました