左右対称なものは美しく見える。「シンメトリー効果」で印象を良くする方法を知ろう!

恋愛心理学

皆さんは、自分自身の顔が左右対称だと思いますか?

また、皆さんは、身の回りのものが左右対称であるかどうか、考えたことはあるでしょうか。

今回は、そんな「左右対称」に冠する心理効果「シンメトリー効果」について紹介していきます。

シンメトリー効果とは?

シンメトリー効果とは、簡単に説明すると、

人間は左右対称なモノや人に対して、美しさや、誠実さを感じる

という心理効果です。

例えば、

服装が乱れていて、片方がずり下がっている、などの場合、

その人に美しさ、誠実感などを感じるでしょうか。

 

また、笑うときに、顔の片側だけで笑う(右、もしくは左の口角だけが上がるような笑い方)だと、

「ニヤリ」とした企み笑いに見えてしまい、

その人に対して不信感を抱くこともあるのではないでしょうか。

 

シンメトリー効果の応用

左右対称であることで、美しさや誠実さを感じさせることができる、ということは、

左右対称であることが、好印象を与えることに繋がる、ということです。

特に、気をつけるとよいポイントを確認してみましょう。

姿勢

まずは、姿勢です。

座るときも立つときも、足を組んだりせず、真っ直ぐ自然な状態でいることが理想です。

また、頬杖などをつくことも同様に、やめたほうがよいでしょう。

これまでの蓄積で、姿勢が歪んでしまっている人は、

整体や、カイロプラクティックなどにいって、バランスを整えてもらうのも良いかもしれません。

実際に行って診察をうけると、足の長さが微妙に違っていたり、体がねじれていたりと、

意外とアンバランスになっていることがあります。

 

表情

笑顔が苦手な人、表情があまり豊かでない、という人もいるかも知れませんが、

それ自体は特に問題ではありません。

どちらかというと、表情が左右対称でない人で、それがはっきりと出やすい人のほうが要注意です。

上の例でも上げましたが、片側の口角だけが上がる笑い方をすると、あまり良い印象を与えません。

半分の顔に表情が強くでる、ということは、そちら側の表情筋が鍛えられている、ということなので、

その反対側の表情筋を鍛えるように心がけましょう。

まずは、鏡を見ながら表情を作ってみる、などのトレーニングしてみてください。

 

シンメトリー効果と「イケメン」「美人」の関係

ちなみに、多くの人が「イケメン」や「美人」を求める(好きになる)理由も、シンメトリー効果が関係しています。

「イケメンor美人」=「左右対称な顔」ということではありませんが、

イケメンor美人は、そうでない人に比べると、左右対称に近い顔立ち、骨格であると言われています。

しかしながら、「シンメトリーであること」が好印象につながるとはいえ、それが恋愛対象になるのはなぜなのでしょうか。

 

骨格、肉付きは、遺伝に関係しています。

そして、左右対称である、ということは、

左右のバランスが崩れるような要因に強い遺伝子を持っているということになります。

恋愛というのはすなわち、遺伝子を求める行為でもあるので、

「強い遺伝子を求める」=「左右対称を求める」=「イケメンを求める」

という行為につながっているといわれています。

 

まとめ

今回は、「シンメトリー効果」という見た目に関する心理効果について紹介してみました。

ひとつ、注意しておきたいのが、

「シンメトリー」であることが常に正しいわけではない

ということです。

完全な左右対称でなく、わざと崩すことで、逆に美しさを引き出したりすることもありえます。

服装を着崩したり、左右の色が違うものを選んだりすることでオシャレに見えたりするのもそうですね。

どちらにせよバランスが大事です。

周りからどう見られているかどう見られたいかを意識しておくことが大切ですね。

タイトルとURLをコピーしました