遠距離恋愛がうまくいかない理由とは?ボッサードの法則とその対策

恋愛心理学

「遠距離恋愛は長続きしない」という話を聞いたことはありますか?

皆さんの中には、遠距離恋愛をしていて、
ちょうど悩んでいたところだ、という人もいるかも知れません。

 

果たして、「遠距離恋愛は長続きしない」というのは本当なのでしょうか。

結論から言うと、残念ながら、これは本当です

 

ただ、絶対に長続きしないのか、というと、

そういうわけではありません。

 

今回の記事では、心理学をベースに

  • 遠距離恋愛はうまくいかない理由とはなんなのか
  • 恋愛を長続きさせるにはどうすればよいのか

というポイントについて、紹介してみたいと思います。

遠距離恋愛がうまくいかない理由とは?ボッサードの法則とその対策

ボッサードの法則とは?

ボッサードの法則とは、

男女間の物理的な距離が、心理的な距離に影響するという心理効果のことです。

つまり、物理的に近い距離にいる男女は、

心理的な距離が近くなりやすく、親密な関係になりやすいのに対し、

 

物理的に遠い距離にいる男女は、

心理的な距離も離れやすく、親密な関係になりにくい、ということ。

ちなみに、ボッサードという名前は、
この心理効果について調査し、提唱したアメリカの心理学者の名前です。

ボッサードの法則に関する実験

ボッサードの法則に関する実験といえば、

ボッサードが1932年に行った実験が代表的です。

ボッサードは、すでに婚約している5000組のカップルを対象に調査を行い、

物理的な距離と、心理的な距離の関係を調べました。

その結果、33%は半径5ブロック以内に住んでいたこと、

更に、距離が離れていればいるほど

結婚までたどり着ける確率が低くなっていたこともわかりました。

つまり、距離が近ければ近いほど、恋愛は成就しやすく、

距離が遠ければ遠いほど、恋愛は成就しにくい、ということですね。

 

では、距離が遠いと恋愛が成就しにくいのは

一体なぜなのでしょうか。

遠距離恋愛がうまくいかない理由とは?

遠距離恋愛が成就しにくいのはなぜなのでしょうか。

それはひとえに、負担が大きいからです。

 

同棲していたり、徒歩で通える距離に住んでいたりすれば、

お互いに無理をすることなく

頻繁に顔を合わせることができますし、

ケンカをしても、仲直りのチャンスを作りやすいです。

 

ところが、合うために電車での移動が必要だったり、

時間がかかったりすると、

顔を合わせるだけでも、時間的な負担や経済的な負担が発生してしまいます。

このような状況でケンカをしてしまうと、仲直りのチャンスも作りづらいので、

疎遠になりやすいのも頷けます。

 

では、遠距離恋愛を成就させるのは、無理なのでしょうか?

遠距離恋愛を成就させる方法とは?

距離が遠ければ遠いほど、恋愛は成就しにくくなりますが、

遠距離恋愛が成就することもあるというのは、

多くの方がご存知のとおりです。

 

では、先人のように、

遠距離恋愛を成就させるにはどうすればよいのでしょうか。

そのためには、

  • お互いの負担を減らすこと
  • コミュニケーションの回数を増やすこと

が大切です。

お互いの負担を減らす

人間は、面倒くさいと思ったことは次第にやらなくなり、

気軽にできる、と思ったことはやるようになる習性があります。

 

お互い好きだから会いに行っているはずなのに、
「めんどくさくなってきたなぁ・・・」「私何やってるんだろ・・・」
なんてことになったら最悪ですよね。

 

人のモチベーションを保つには、まずは負担を減らすことが大切。

遠距離で、合うのに時間やお金がかかるのであれば、

頻度を減らしたり、電話でのコミュニケーションに変えてみるのもよいでしょう。

コミュニケーションの回数を増やすこと

そして、もう一つ大切なのがコミュニケーションの回数を増やすこと

 

人間には、ザイオンス効果(単純接触効果)といい、

何度も顔を合わせた相手への好感度が高くなる、という性質があります。

そして、近距離の人との恋愛のほうが成就しやすいのは、

この性質の影響がおおきくあります。

ザイオンス効果とは?会う回数が多いほど好きになる心理効果を知ろう
ブログの開始から、心理術の中でも「会話術」、「承諾誘導法」のようなものを扱ってきました。 これからもそういうものを扱っていくのですが、今回はちょっと違ったものを紹介したいと思います。 今回紹介するのは、「ザイオンス効果」と呼ばれ...

つまり、コミュニケーションの回数を増やすことさえできれば、

遠距離恋愛の人でも、恋愛成就の可能性を高めることができるわけです。

 

とはいえ、そのコミュニケーションの回数を増やすのが難しい

というのが、遠距離恋愛のネックでもあります。

 

では、どうすればよいのか。

幸いなことに、今はメールや電話だけでなく、

ビデオチャットも簡単に行う事ができる時代です。

 

工夫して、コミュニケーションをこまめに取ることで、

恋愛を長続きさせ、結婚までたどり着けるようになるハズ!

 

まとめ

今回は、「遠距離恋愛がうまくいかない理由とは?ボッサードの法則とその対策」ということで、

遠距離恋愛がなぜうまく行かないのか、

そして、遠距離恋愛をうまくいかせるにはどうすればよいのか、

ということについて、紹介してみました。

ボッサードの法則
男女間の物理的な距離が、心理的な距離に影響するという心理効果

ポッサードの実験によると、
距離が近ければ近いほど恋愛は成就しやすく
距離が遠ければ遠いほど恋愛は成就しにくい
ということがわかっている。

遠距離恋愛を成就させるには?

  • お互いの負担を減らすこと
  • コミュニケーションの回数を増やすこと

が大切。

 

遠距離恋愛中の方も、そうでない方も、

お互いの気持ちを考え、負担を減らすことで、

長く、良い関係を保てるように心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました