カチッサー効果とは?承諾率を簡単にアップする悪用厳禁のテクニックを紹介

ビジネス心理学

今回は、人に何かをお願いするときに使える心理術である、

カチッ・サー効果を紹介してみようと思います。

カチッ・サー効果とは?承諾率を簡単にアップする悪用厳禁のテクニックを紹介

カチッ・サー効果とは、簡単に言うと、

人に何かをお願いするときは、理由をつけたほうが良い、というものです。

正直、これだけ聞くと、「当たり前だ」と思ってしまう方もおおいと思いますが、

 

このときの理由は適当なものでもよい、というのが一番のポイントです。

 

カチッ・サー効果に関する実験

例として、このカチッ・サー効果を示した実験では、

コピー機を使う列に並んでいる人に、

先にコピーを取らせてほしい」というお願いをして、

その承諾率を計測しました。

「すみませんが、先にコピーを取らせてくれませんか」

のように、先にコピーを取りたい理由を言わなかった場合
60%の人にしか承諾してもらえなかったお願いが、

「すみません、急いでいるので先にコピーを取らせてくれませんか」

のように、先にコピーを取りたい理由をいった場合
94%の人に承諾してもらえました。

ここまでは、皆さんも納得の結果ではないでしょうか。

実は、この実験には続きがあり、ビックリなことが判明したのです。

「すみません、先にコピーを取りたいので、先にコピーを取らせてくれませんか」

のように、適当な理由をいった場合でも
93%の人に承諾してもらえました。

先にコピーを取りたいから、先にコピーを取らせてほしい、

なんて、理由にもなっていないですよね。

ところが、結果は93%の人が承諾。

 

ちゃんとした理由をいった場合と、ほとんど変わらなかったのです。

カチッ・サー効果の仕組み

上記の例のように、適当な理由を言った場合でも

コピーの順番を譲ってもらえたのはなぜでしょうか。

 

実は人間は、人のお願いを承諾するとき、その理由の内容に注目しているわけではなく、

理由を言われたかどうか、もっというと
「〜ので」を言われたかどうかに注目しているということがわかっています。

もちろん、理由やそれ以外のことに注目する場合もありますが、

お願いが些細な事柄である場合

理由を言われたかどうかだけ

承諾するかどうかが決まってしまうこともあります。

カチッ・サー効果の由来

人間に限らず、動物は何かしらの刺激(キーワード、色、音など)によって

体に染み付いたパターンに沿って行動を取ってしまう、と考えられています。

 

カチッ・サー効果という名前は、この様子を、

再生ボタンを押され、テープが再生される様子になぞらえたもので、

テープレコーダーの再生ボタンをおす「カチッ」という音と
テープが回りだしたときの「サー」という音をつなげて

カチッ・サー効果と読んでいます。

 

理由を言われたかどうかに注目して承諾するかどうかを決めるというのも、

「〜ので」というキーワードによって再生ボタンを押され、

「承諾する」というテープが再生されてしまうからなのです。

カチッ・サー効果の応用

カチッ・サー効果は、なんども書いている通り、

理由をつけること」がポイントです。

 

なので、人を食事、デートに誘う際は、

「今週の土曜日ご飯に行きませんか」

とさそうのではなく、

 

「ずっと行きたかったお店があるので、今週の土曜日ご飯に行きませんか?」や、

「土曜日暇なので、今週の土曜日ご飯に行きませんか?」

とさそった方が承諾してもらえる確率はあがります。

 

また、理由をつけることによって、

相手側に承諾する口実を与える、という効果も期待できます。

「デートに誘われたのではなく、暇つぶしに付き合うだけ」のように、

相手の中で納得する理由、口実を与えることで

承諾してもらえる確率を上げることができます

 

カチッ・サー効果使いこなしてお願い上手になろう!

カチッ・サー効果は、恋愛や通常の人間関係だけでなく、

営業などでも応用できる心理術です。

 

応用するのは簡単なので、うまく使えるようになって、お願い上手になってみましょう。

また、逆に自分が良いように使われないように、

相手の理由が受け入れられるものか、しっかり吟味するように心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました