ゴルディロックス効果とは?「ちょうどいいもの」を選んでしまう心理について知ろう

ビジネス心理学

印象操作に使える心理学として、「初頭効果」、「親近効果」、「ゲイン・ロス効果」など、

いろいろな心理効果・テクニックを紹介していますが、

今回は、さらに使いやすく、日常生活でも目にすることが多い心理効果

ゴルディロックス効果」について紹介してみようと思います。

 

ゴルディロックス効果とは?「ちょうどいいもの」を選んでしまう心理について知ろう

ゴルディロックス効果とは、購買心理の法則のひとつで、

3つの選択肢がある商品について、

充分な情報や、明確な選択理由がある場合は、それらに基づいた選択ができますが、

逆に、情報が少ない場合は、中間のものを選びやすくなる、というものです。

 

例えば、

6000円の商品と、4000円の商品と、3000円の商品があったとき、

「6000円の商品はちょっとたかいなぁ」

「でも、3000円の商品は少し安っぽいなぁ」

と考えて、間の4000円の商品を選ぶことがあります。

 

某ファストフードチェーンのポテトやドリンクも、L、M、Sとありますが、

「Lだと多すぎるなぁ」

「Sはちょっと足りないかな」

と考えて、やはり真ん中のMサイズを選んでしまうようになります。

 

このように、自然と真ん中の「ちょうどよい(無難な)選択肢」を選んでしまう、

というのが、「ゴルディロックス効果」の特徴です。

 

ゴルディロックス効果の由来

ちなみに、ゴルディロックス効果というのは、「ゴルディロックスと三匹のくま」というイギリスの童話の中で、

登場人物の女の子が

あつすぎるスープ」と「つめたすぎるスープ」を避けて「ちょうどよいスープ」を選んだり、

大きすぎる椅子」と「小さすぎる椅子」を避けて「ちょうどいい椅子」を選んだりする、

という様子になぞらえてつけられた名前です。

 

ゴルディロックス効果の使い方

では、ゴルディロックス効果はどのように使えばよいのでしょうか。

基本的には、値段や機能を調整して、狙った商品を選ばせることに使えます。

まず、本命となる商品の値段や機能を決定して、それより高いもの、それより安いものを設定するのが良いでしょう。

ちなみに、その価値の比を「6:4:3」に程度に調整すると最も効果が高いとされています。

 

また、応用的な使い方として、恋愛に利用することもできます。

合コンなどで利用できるテクニックで、上手い人は無意識にこのテクニックをつかって相手をGETしていたりするようです。

どうするかというと、

メンバーを集める段階で「自分よりも(スペックが)上の人」と「自分よりも(スペックが)下の人」をブッキングしておくのです。

こうすることで、

「上の人は落とせる自信ないなぁ」

「でも下の人はちょっとなぁ」

というような考えに誘導することができ、ターゲットが自分になるように仕向けることができるのです。

 

まとめ

ゴルディロックス効果は、ここで紹介した以外にも、様々な所で作用しています。

ゴルディロックス効果に惑わされないためには、

もしこれしか選択肢がなかったら、本当にこれを選んだだろうか?

と自問自答することが効果的です。

自分がゴルディロックス効果の罠にかからないよう気をつけつつ、うまく利用して、自分の印象向上に役立ててみましょう。

タイトルとURLをコピーしました