期待するだけで相手の能力を向上させるピグマリオン効果とは?

心理学

皆さんの中には、人に教えたり、指導したりする立場にいたり、

お子さんがいたりする方もいるのではないでしょうか。

今回は、人を育てていくことに関する教育の心理学

ピグマリオン効果を紹介して見ようと思います。

期待するだけで相手の能力を向上させるピグマリオン効果とは?

ピグマリオン効果とは?

ピグマリオン効果とは、簡単に説明すると、

「人は周囲からの期待によって成績が変化する」

という現象のことです。

 

この効果は、

提唱した教育心理学者ロバート・ローゼンタールの名前を取って、

ローゼンタール効果」と呼ばれたり、

彼が行った実験の内容を元に「教師期待効果」と呼ばれたりします。

ピグマリオン効果の由来

ちなみに、ピグマリオン効果の「ピグマリオン」とは、心理学者の名前ではありません。

ピグマリオン」とは、ギリシャ神話に登場する王「ピュグマリオン」のことです。

 

彼は、自分で作成した彫刻(女性の像)に恋をし、

「ガラテア」と名付け、それが人間になることを願い続けました。

 

その結果、「ガラテア」は命を授かり、ピュグマリオンは彼女と結婚しました。

このエピソードに喩えて、この心理現象はピグマリオン効果と呼ばれています。

ピグマリオン効果の実験

この効果を提唱した教育心理学者ロバート・ローゼンタールが行った実験では、

ある学校で知能テストを行いました。そして、その結果とは関係なく、

ランダムに選んだ生徒の名簿を担任に見せ、

今後数ヶ月中に成績が向上する生徒だ」と伝えました。

その後、担任が成績が向上することを期待して、その生徒たちを見ていたところ、

実際に成績が向上していきました。

 

この理由としては、

担任が生徒に対して、期待を持った態度で接していた

生徒も、担任の期待に気づき、その期待に応えようとした

などが関係していると考えられています。

ピグマリオン効果の応用

ピグマリオン効果を応用とするとすれば、やはり教育や指導、管理の場面です。

上で紹介している実験の例でも分かる通り、一番大事なことは期待することです。

 

自分の生徒や部下などを、本心で期待するということ、

そして、期待を込めた態度で接するということです。

期待されていることを実感させ、

その期待に応える行動を引き出すことが大事だからです。

 

また、期待されていることを実感できない、

もしくは悪い評価を受けていることを実感すると、

ピグマリオン効果とは逆の効果

ゴーレム効果を引き出す可能性もあるので、注意が必要です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、教育心理学の中でも比較的有名な心理効果

ピグマリオン効果について紹介してみました。

ピグマリオン効果は、人に教えたり、指導したり、まとめたりする立場にある人に是非知って、使ってみてもらいたい心理効果です。

 

最近では、ピグマリオン効果に対して否定的な意見もありますが、

実際のところ、皆さんの経験としてどうでしょうか?

人に期待された事によって努力をし、

その結果成功を収めた、という経験がある人も少なくないはずです。

是非、期待の力を使って、人を伸ばすということをやってみてください。

タイトルとURLをコピーしました