サンクコスト効果(埋没費用効果)を知って誤った意思決定を防ごう

行動経済学

皆さんは、サンクコスト効果もしくは埋没費用効果という言葉を聞いたことがありますか?

経済や、マーケティングなどを勉強したことがある人は知っているかもしれませんが、

サンクコスト効果とは、過去にかけたコストが意思決定に影響してしまうという心理効果のことです。

 

今回は、このサンクコスト効果について、紹介してみようと思います。

サンクコスト効果(埋没費用効果)を知って誤った意思決定を防ごう

サンクコスト効果とは、
過去にかけたコストが意思決定に影響してしまうという心理効果のことです。

別名埋没費用効果と呼ばれます。

そもそもサンクコストってなに?

サンクコストとは、直訳すると埋没費用という意味の言葉で、

すでに支払ってしまっていて、回収不可能な費用(コスト)のことです。

費用と行っても、お金のことだけではありません
かけた時間や、労力なども含めて、費用として考えられます。

サンクコスト効果の例:UFOキャッチャー

UFOキャッチャーなどで、なかなか取れない商品があったとき、

ここまで粘ったんだからとって帰りたい」

もう○円使っちゃったから取らないともったいない

なんて思ってしまい、ついつい続けてしまった経験はないでしょうか。このように、

それまでにかけた時間費用自分の気持ちなどを

もったいないと思ってしまうことで、損をする可能性の大きいことを続けてしまう

というのが、サンクコスト効果の特徴です。

サンクコスト効果のポイント

サンクコスト効果の特徴は、
本来の冷静な判断ができる状況であれば選ばない選択肢を、
過去の「コスト」を意識したため選んでしまう、という点です。

上記の、UFOキャッチャーの例にあてはめると、

3000円でその商品が売っていても普段なら買わないようなものを
UFOキャッチャーである程度プレイしたあとだと、3000円もしくはそれ以上をかけてとってしまうわけです。

ギャンブルにハマってしまう人経営や投資で失敗してしまう人が、
よく陥ってしまう心理状態もこれです。

サンクコスト効果の別名:コンコルド効果

サンクコスト効果には、コンコルド効果という別名があります。

今では、知らない人も多いかもしれませんが、
過去に、イギリスとフランスが共同で開発していた超音速旅客機「コンコルド」がありました。

コンコルドは、なんとマッハ2で飛行し、飛行機での移動時間を半分以下にできる、という、
まさに夢のような旅客機だったのですが、
実は、完成する前から赤字になることがわかっていました

ところが、すでに計画・開発に莫大な費用をかけてしまっていたため、
やめるにやめられず、そのまま完成させることになり、
結局黒字になることなく、商業的に失敗してしまいました。

その失敗が、サンクコスト効果の例としてよく挙げられるため、
コンコルド効果と呼ばれるようになったようです。

サンクコスト効果の対策

では、このような心理効果に嵌ってしまわないためにはどうすればよいのでしょうか。
基本は簡単で、「冷静な判断」ができればよいわけです。

もちろん、それが普段からできる人は、このような状況にならないので大丈夫なんですが・・・。

いまから始めたとしたら、それをやるか?を考える

まず、心がけるべきポイントとしては、
いまから始めたとしたら、それをやる(続ける)か?
ということを常に考えることです。

ちなみに、事前に「1000円まで」などと決めておくのは、あまり効果がありません
多くの人は、自分で決めたルールを自分で守れる、と思っていますが、
決めていたのに守れなくなるのがサンクコスト効果の怖いところだからです。

他の人に判断を任せる

もっといい対策はないのか、という人にはおすすめの方法があります。

それは、「人に頼む」ということ。
つまり、家族、友人、知人に判断を任せるということです。

もちろん、冷静な判断ができる(煽ったりしない)人である必要はありますし、
その人の判断なら、文句を言わずに聞ける、という関係性である必要もあるかもしれません。

もし、そういう人が身近にいるならば、お願いしてみるのも良いでしょう。

サンクコスト効果の応用

サンクコスト効果の例のところで、次のように解説しました。

3000円でその商品が売っていても普段なら買わないようなものを
UFOキャッチャーである程度プレイしたあとだと、
3000円もしくはそれ以上をかけてとってしまうわけです。

このとき、UFOキャッチャーをプレイしている人にとっては、
いつの間にかその商品が、3000円以上かけれるもの
つまり、3000円以上の価値があるものになってしまっているわけです。

本来なら3000円でも買わない商品にもかかわらず

持って帰って、いらないことに気づいても、
3000円以上かけたものだし、、、」と思って捨てられなくなるわけです。

結局のところ人間は、「自分のした行動が正しかった」と思いたいので、
その相手や商品の価値が高い」から、「コストをかけた」と錯誤・自己正当化してしまうわけです。

 

では、その錯誤や自己正当化を応用するにはどうすればよいか。
これは簡単なことで、相手に何かをしてもらえばいいのです。

友人や職場関係でいうと「お願いを聞いてもらう」であったり、
なにかを貸してもらう」ということが当てはまります。
恋愛関係などにおいては「貢がせる」こともそうです。

お願いを聞いてもらう

お願いを聞いてもらえた、ということは、相手は無意識

仲がいい(評価している)からお願いを聞いてあげた」

「相手と離れると、
お願いを聞いてあげたことが無駄になる(もったいない)

と考えることになるので、
無意識にあなたの評価が上がり、あなたから離れにくくなります

貢がせる・プレゼントをもらう

貢がせる」「プレゼントをもらう」というのも同様で、

好意を持っているからプレゼントをあげた」

「何回もプレゼントをしているんだから、
 別れると無駄になってしまう

ということを考えるので、無意識にあなたにハマってしまうことになります。

キャバクラに通っている人は、通うたびにやめれなくなり、
アイドルのCDを大量に買う人は、買うたびにそのアイドルのことが好きになっていくのも同じ仕組みです。

まとめ

今回は、「過去にかけたコスト」が意思決定に影響してしまうという
サンクコスト効果について紹介してみました。

サンクコスト効果は、強力な上、自分ではなかなか気づけない、厄介な心理効果です。

日頃から、

自分の判断はいつもと同じだろうか?
コストがかかってなかったとしたらやるだろうか?

と、自分の行動や判断を客観的に見る癖をつけておくことが大事です。

皆さんは、サンクコスト効果に惑わされて損をしないよう、注意していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました